About us

“Creativity has a style of its own.”

ごあいさつ

unicouple-J
九大総理工・大瀧・末國研究室のwebサイトへようこそ。

私たちの研究室では、無機物質を中心とした新規機能性材料についての研究と教育を行っています。無機物質の誇る強靱で多様な物性バラエティを材料化学的立場から最大限に活用し、さらに有機分子の持つ優れた自己構築機能や選択的相互作用を協奏的に発現させることにより、熱電エネルギー変換、光エネルギー変換、情報記録などの高度な機能を持つ新しい無機材料の開発を進めています。

lowD-materials-sなかでも電子や熱が特異な輸送特性を示す新しい酸化物系・硫化物系熱電変換材料や、量子サイズの低次元ナノ物質が自己集積した精緻なナノ超構造体などを対象に、「ナノ構造が産み出す特異物性と新規機能性無機材料の創出」をターゲットとした最先端の学術研究と、ひとりひとりの自主性を重んじつつ、主体的な行動力と思考力を最重要とする人材育成を行っています。

大瀧研究室は、平成25年9月に大瀧が物質理工学専攻から量子プロセス理工学専攻へ異動したのに伴い、同専攻の光機能材料工学大講座・無機光機能材料工学教育分野に設立されました。平成28年4月には末國晃一郎准教授が着任し、大瀧・末國研として新たなスタートを切りました。ここ1〜2年で博士課程学生と留学生がぐっと増えています。講座の位置付けとしては、筑紫キャンパスに総合理工学研究科が発足した当時からの旧・森永研〜旧・桑原研の系譜を継いでいるため、講座名称に「無機光機能材料」とありますが、「光」に限定せず機能材料全般を対象としています。(→研究室の沿革へ)

福岡都心に至近ながら緑豊かな筑紫キャンパスを、ぜひ一度訪れてみてください。

「九州大学研究者情報」の大瀧の項
「このwebサイトについて」

Created on 2014-04-07
Last modified on 2018-05-19