バンクーバーでのCMCEE-11で熱電シンポジウムを主催しました。

6月14(日)〜19(金)にカナダ・バンクーバーで開催されたThe 11th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications (CMCEE-11)で、熱電材料・デバイスのシンポジウム「T1S2: Ceramics-Related Materials, Devices, and Processing for Heat-to-Electricity Direct Conversion Aiming at Green and Sustainable Human Society」を主催しました(→本家サイト)。Co-organizerは舟橋良次先生(AIST, Japan)、Qiang Li(Brookhaven National Laboratory, USA)、宮﨑譲先生(Tohoku University, Japan)、森孝雄先生(NIMS, Japan)、竹内恒博先生(Toyota Technological Institute, Japan)、Terry M. Tritt(Clemson University, USA)。

DSCF4200

Symposium Dinnerにて。

Posted on 2015-06-25
Last modified on 2015-07-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です