大瀧教授が2019年度日本セラミックス協会学術賞を受賞。

第74回(2019年度)日本セラミックス協会学術賞
「組成とナノ構造の制御による酸化物サーモエレクトロニクスの開拓」

Prof. Michitaka Ohtaki won The Ceramic Society of Japan (CerSJ) Academic Award 2019.

「第74回(2019年度)日本セラミックス協会 功労賞,学術賞,進歩賞,技術賞,技術奨励賞表彰」セラミックス, 55 (4), 253-260 (2020).

日本セラミックス協会2020年年会 受賞講演3A07A予稿(COVID-19のため年会は中止、発表は既発表とされる)

なお、「サーモエレクトロニクス」は thermoelectrics + electronics で、大瀧教授の造語です。

Posted on 2020-03-19
Last modified on 2020-08-16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です