Archiの論文がAdvanced Powder Technologyに掲載されました。

D3のArchiが筆頭著者としてAdvanced Powder Technologyに投稿した論文が、9/23にアクセプトされました。この研究は中央分析センター准教授の稲田幹先生や先導研准教授の斉藤光先生との共同研究で、GTセンターも入れると学内4部局間共同研究になりました。ZnO微粒子のエマルジョン中マイクロ波合成は、Archiが稲田研まで行って実験したものです。

得られたZnO粒子は頂点が丸くなった六角錐という、プリンのような珍しい非対称の形態を持っているため、「単結晶だったら面白いぞ」と思って、先導研の斉藤光先生にTEM測定を依頼した所から話が拡がり、「プリン形ZnO微粒子は単結晶」で「プリンの上下方向がc軸」で、さらに「プリンの底面はZn終端されたZnO(0001)-Zn極性面である」ということまでわかってしまったのでした。最新鋭のSTEM技術おそるべし。

An article first-authored by Wojciech “Archi” KLICH, a D3 student of our Lab, was accepted for publication in Advanced Powder Technology. This work was a collaboration with Assoc. Prof. M. Inada (Center of Advanced Instrumental Analysis, KU) and Assoc. Prof. H. Saito (Institute for Materials Chemistry and Engineering, KU). It revealed by annular bright-field STEM technique that almost mono-dispersed ZnO particles with a novel morphology of truncated hexagonal pyramids ca. 1 μm in diameter are asymmetrically shaped ZnO single crystals with its crystallographic c-axis perpendicular to the bottom hexagonal flat surfaces.

“Microwave Synthesis of ZnO Microcrystals with Novel Asymmetric Morphology”, Wojciech KLICH, Miki INADA, Hongy GAO, Hikaru SAITO, Michitaka OHTAKI, Advanced Powder Technology, 32 (11), 4356-4363 (2021), accepted for publication on 23 Sept 2021, corrected proof available online 9 Oct 2021. →Publicationsへ

Posted on 2021-10-04
Last modified on 2021-10-18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です