Raufの論文がNanomaterialsに掲載されました。

九大グローバルイノベーションセンターの服部研D3のRaufが投稿した、IGZO薄膜の熱伝導率と結晶性に関する論文が、Nanomaterials誌のThermal Transport in Nanoscale特集号に掲載されました。Raufはグリーンアジアプログラムの学生で、ラボローテーションの一環としてD1の時に当研究室で研究していたテーマが、超顕微解析研究センターの波多聰先生や九工大の宮崎康次先生との共同研究に発展しました。液晶ディスプレイなどに使われているIGZOは導電性アモルファス酸化物といわれていますが、熱伝導率が結晶性固体と同様の温度依存性を示すことを初めて明らかにし、さらにSTEMによってナノサイズの結晶化を立証した成果です。

An article first-authored by Rauf KAHN, a Ph.D. student of Hattori Lab in GIC, was published online in Nanomaterials as part of the Special Issue Thermal Transport in Nanoscale. This work has started as a Lab Rotation activity in collaboration with our lab under the Green Asia Program of IGSES when Rauf was a D1 student, and expanded to a collaborative work with Prof. S. Hata of The Ultramicroscopy Research Center and Prof. K. Miyazaki of Kyushu Institute of Technology, experimentally evidencing nanocrystallinity of IGZO thin films, which had been claimed as an amorphous conductive oxide.

Rauf KHAN, Michitaka OHTAKI, Satoshi HATA, Koji MIYAZAKI, Reiji HATTORI, Nanomaterials, 11 (6), 1547 (2021). →Publicationsへ

Posted on 2021-06-11
Last modified on 2021-06-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です