classic_car

九州大学 大学院 総合理工学研究院
革新的高機能構造鉄鋼材料共同研究部門
(Advanced Functional Steel for Structural Applications)

髙橋・林 研究室

TOP・ ニュース ・ 研究 ・ 設備 ・ メンバー ・ アクセス ・ リンク

研究

現在の研究

修士 研究テーマ

2021-1. 複合組織鋼のマクロな塑性変形挙動を支配するミクロ組織に関する研究

2021-2. マルテンサイト組織鋼の塑性変形能を支配する組織形成挙動に関する研究

2021-3. 残留オーステナイトを含む鋼材の変形挙動を支配するミクロ組織因子に関する研究

2020-1. マルテンサイト組織鋼のマクロな塑性変形挙動を支配するミクロ組織因子に関する研究

2020-2. マルテンサイト組織鋼の塑性変形能を支配する組織形成挙動に関する研究

2020-3. 残留オーステナイトを含む鋼材の変形挙動を支配するミクロ組織因子に関する研究

 

研究業績

論文

 

発表

坂口健太,髙橋学,山﨑重人,林宏太郎,川田裕之:局所的な不均一変形を考慮した焼入れままマルテンサイトの変形挙動,日本鉄鋼協会 第183回春季講演大会,オンライン,2022年3月.

林宏太郎,木之下雄一,上野虎太郎,坂口健太,髙橋学:元素マッピングデータの多変量解析によるFe - 0.2C - 1.5Mn - 1.5Si合金の組織形成挙動推定,日本鉄鋼協会 第183回春季講演大会,オンライン,2022年3月.

木之下雄一,髙橋学,光原昌寿,林宏太郎:TRIP型複合組織鋼のミクロ組織的特徴と加工誘起変態挙動,日本鉄鋼協会 第183回春季講演大会,オンライン,2022年3月.

上野虎太郎,髙橋学,林宏太郎:0.1%炭素鋼のマルテンサイト変態挙動に及ぼすマンガン量の効果,日本鉄鋼協会 第183回春季講演大会,オンライン,2022年3月.

上野虎太郎:鉄鋼材料のせん断型変態組織解析ソフトウェアの開発,九州大学エネルギーウィーク2022ポスター発表会,オンライン,2022年1月.

坂口健太,髙橋学,山﨑重人,林宏太郎,川田裕之:焼入れままマルテンサイト変形挙動のモデル化とその課題,第92回日本熱処理技術協会講演大会,島根,2021年11月.

木之下雄一,髙橋学,光原昌寿,林宏太郎:残留オーステナイトを含む鋼材のミクロ組織因子に関する研究,第92回日本熱処理技術協会講演大会,島根,2021年11月.

上野虎太郎,髙橋学,林宏太郎:せん断型変態生成物による母相の結晶学的特徴の予測とその検証,第92回日本熱処理技術協会講演大会,島根,2021年11月.

林宏太郎,木之下雄一,上野虎太郎,坂口健太,髙橋学:元素マッピングデータの主成分分析による鉄鋼材料の組織形成挙動推定,2021年度統計関連学会連合大会,オンライン,2021年9月.

林宏太郎,上野虎太郎,髙橋学:Fe - 0.1C - 5Mn合金のマルテンサイト組織形成に及ぼす熱処理条件の影響,日本鉄鋼協会 2020年度第6回「不均一変形組織と力学特性」研究会,オンライン,2021年1月.